スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ブログランキング 両方クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

PSP Type B ドライバのインストール方法 

<概要>
PSP Type B ドライバは、PCとUSB接続してファイルの使用などを行う自作ソフト(RemortJoyLite・HostCoreなど)を使用する際に必要となるPC向けのドライバです。

<準備物>
・CFW導入済みPSP
・PSP Type B ドライバを必要とするアプリ又はプラグイン
RSPsar Dumper v3.2
※RSPsar Dumper v3.2にPSP Type B ドライバが入っています

<インストール方法>
RSPsar Dumper v3.2をダウンロードして解凍する
解凍すると以下のファイルが作成されます。
 16329_RSPsarDumperv3.2/
  ├RS/
  ├RSPsarDumper/
  ├src/
  └usbhostfs/
   └driver/
②解凍して作成されたフォルダの中にある[driver]フォルダをPCのCドライブの直下などに配置しておきます
※sepluginsフォルダがない場合は、ms0:/に作成してください
  C:/
   └driver/
③PCとPSPをUSBケーブルで接続して、PSP Type B ドライバを必要とするアプリ又はプラグインを起動させます
④自動でPCがPSPを認識し、「新しいハードウェアの検出ウィザード」が開きます
画面①:「いいえ、今回は接続しません(T)」を選択して[次へ(N) >]を押します。
PSP Type B 1

画面②:「一覧または特定の場所からインストールする(詳細)(S)」を選択して[次へ(N) >]を押します。
PSP Type B 2

画面③:「次の場所で最適のドライバを検索する(S)」を選択して、「リムーバブル メディア(フロッピー、CD-ROM など)を検索(M)」のチェックマークを外して、そして「次の場所を含める(O):」にチェックを入れます。[参照]ボタンを押して、先ほどダウンロードして解凍した[driver]フォルダを選択して、下の画像のようになったら、[次へ(N) >]を押します。
PSP Type B 3

画面④:ドライバのインストールが自動で行われ、インストールが終了します。終了したら、以下の画面になりますので[完了]を押せばインストールは完了です。
PSP Type B 4

<アンインストール方法>
インストールの途中で止まったり、正常にインストール出来ていないときは、一度アンインストールしないと再度インストールすることは出来ません。

画面①:Windowsのデスクトップから、[スタート]→[設定]→[コントローラーパネル]→[システム]を選択して実行します。タブを[ハードウェア]に切り替え、「デバイスマネージャー」を選択します。
PSP Type B 5

画面②:普段は表示されませんが、PCとPSPをUSBで接続した状態で、PSP Type B ドライバを必要とするアプリ又はプラグインを起動させると、デバイス一覧に「LibUSB-Win32 Devices」という項目が追加されます。[+]マークをクリックして、[PSP Type B]を右クリックで[削除]を実行します。
これでアンインストールは終了です。
PSP Type B 6
↓ブログランキング 両方クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[ 2009/09/08 05:54 ] PSPその他 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pspkai2.blog47.fc2.com/tb.php/88-25a2b498









FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。