スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ブログランキング 両方クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ScreenShotPNG v0.30[PNG形式でスクリーンショットを撮影] 

<機能>
ScreenShotPNG_Speedy_Pluginは、スクリーンショットをPNG形式で撮影できるプラグインです。
多くのスクリーンショットプラグインがBMP形式で保存されるのに対して、ScreenShotPNG_Speedy_PluginはPNG形式で保存されます。
PNG形式で保存することにより、BMP形式で保存するのに比べて以下のメリットがあります。
1.圧縮率が高いのでファイルサイズが小さくなるが、画質は全く変わらない
2.撮影する速度が速い

撮影出来るのはGAME/VSH/POPSの領域です。
・GAME:UMD/ISOでのゲーム
・VSH:XMB
・POPS:PS1ゲーム

<更新内容>
v0.20からの更新内容
・ファイル名を指定できるようにした。
・スクリーンショットを撮った後に終了の合図を表示できるようにした。
・ディスプレイの電源が切れた状態でキャプチャした場合にフリーズしていたバグを修正。

<準備物>
・CFW導入済みPSP
ラキのサイト -SSPSP-でScreenShotPNG_Speedy_Plugin v0.30をダウンロードしてください
※v0.30はPSP-1000で使用するとISOの起動時にエラー(80200D9)が発生するバグがありますので、PSP-1000の方はv0.20をダウンロードしてください
<導入方法>
ラキのサイト -SSPSP-でScreenShotPNG_Speedy_Plugin v0.30をダウンロードして解凍する
解凍すると以下のファイルが作成されます。
 SSPSP v0.30/
  ├knj10/
  ├seplugins/
  │├any/
  ││ ├naga10font_h.bin
  ││ └SSPSP.ini
  │└ScreenShotPNG_Plugin.prx
  └readme.txt
②解凍して作成されたフォルダの中にある、[any]フォルダと[ScreenShotPNG_Plugin.prx]をメモリースティックのms0:/sepluginsにコピーします
※sepluginsフォルダがない場合は、ms0:/に作成してください
  ms0:/
   └seplugins/
    ├any
    └ScreenShotPNG_Plugin.prx
③プラグインの設定
[seplugins]フォルダにある[game.txt/vsh.txt/pops.txt]に下記の1行を追加します。
[game.txt/vsh.txt/pops.txt]がない場合は作成してください

ms0:/seplugins/ScreenShotPNG_Plugin.prx 1
※5.00M33-1以前のCFWの場合は、末尾の半角スペースと1は不要です
※プラグインの設定についての詳しい解説は、プラグイン導入解説を参照してください

<適用方法>
・CFW5.00M33-2以上の場合は、1度再起動を行います。これで使用可能になります 
・CFW Enablerの場合は、適当にアプリを1度起動し、終了後に使用可能になります 
・CFW5.00M33-1以前の場合は、リカバリーモードから設定してください
 ①PSPの電源を完全に切り、Rボタンを押しながら電源を入れ、リカバリーモードに入ります
 ②リカバリーメニューからPluginsを×ボタンで選択
 ③プラグイン一覧が表示されますので、中からScreenShotPNG_Plugin.prx [GAME/VSH/POPS]を×ボタンで、Enabled(有効)にして下さい。(既になっている場合は、そのままで)
 ④Back→Exitをそれぞれ×ボタンで選択し、通常起動すれば作業終了です

<使用方法>
①プラグインの適用が終了したら、[GAME/VSH/POPS]の領域で♪ボタンを押すとスクリーンショットを撮る事ができます。
※デフォルトで、撮影は♪ボタン、保存するファイル名は年月日時分秒.pngです
②撮影したスクリーンショットの画像は[ms0:/PICTURE/capture/]にPNG形式で保存されます。
※撮影したスクリーンショットは、XMB→フォト→メモリースティック→captureで見る事ができます。
XMB_capture
③設定変更の方法
anyフォルダ内にある[SSPSP.ini]を編集することで、キャプチャ時のホットキー、失敗時のエラー出力、保存時のファイル名、キャプチャ成功時のメッセージの表示、表示する文字色の変更等が可能です。

・スクリーンショットを撮るボタンを♪ボタンから変更する
変更したいボタンに合わせて文字を書き換えます。
[SSPSP_SS_BUTTONS = NOTE]の[NOTE]を書き換えることにより、ボタンを変更できます。
※二つ以上のボタンを設定したい場合は 間に「 | 」を入れてください。
例:LボタンとRボタンに設定したい場合

SSPSP_SS_BUTTONS = LTRIGGE|RRTRIGGER

キー設定一覧表
KEY_UP:方向キー↑
KEY_DOWN:方向キー↓
KEY_LEFT:方向キー←
KEY_RIGHT:方向キー→
ANALOG_UP:アナログスティック↑
ANALOG_DOWN:アナログスティック
ANALOG_LEFT:アナログスティック
ANALOG_RIGHT:アナログスティック
CIRCLE:○ボタン
CROSS:×ボタン
SQUARE:□ボタン
TRIANGLE:△ボタン
RTRIGGER:Rボタン
LTRIGGER:Lボタン
START:スタートボタン
SELECT:セレクトボタン
VOL_UP:ボリューム+
VOL_DOWN:ボリューム-
NOTE:♪ボタン
SCREEN:輝度ボタン

・エラーログを出力するかしないか
[SSPSP_OUTPUT_ERROR_LOG = OFF]の[OFF]を書き換えることにより、ログ出力をするか、しないか選択します。
ログを出力する場合は[ON]、しない場合はOFFと記述します。

・撮影したファイル名を変更
デフォルトでは[SSPSP_FILE_NAME = %year%month2%day2%hour2%min2%sec2]となっています。
この場合ですと西暦年/月/日/時間/分/秒が、ファイルの名前になります。
=の後ろに好きなファイル名を設定をします。
西暦:%year
月 :%month[1-2]
日 :%day[1-2]
時 :%hour[1-2]
分 :%min[1-2]
秒 :%sec[1-2]
番号:%num[1-4]
※同名ファイルがある場合は上書きするので、番号か秒を使うことをお勧めします。

・スクリーンショットの終了後に合図
[SSPSP_FINISH_MESSAGE = OFF]の[OFF]を書き換えることにより、合図をするか、しないかを決めます
合図をする場合は[ON]、しない場合はOFFと記述します。
ONにすると、スクリーンショットの終了後画面左下にFinishedと表示されます。

・上記の[スクリーンショットの終了後に合図]で表示されるFinishedの色の設定が出来ます。
[SSPSP_TEXT_COLOR = 0xffffff]の[0xffffff]を書き換えることにより、色の変更が出来ます。
↓ブログランキング 両方クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[ 2009/09/02 18:42 ] プラグイン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pspkai2.blog47.fc2.com/tb.php/77-e4acc828









FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。