スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ブログランキング 両方クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

CFW 5.02 GEN-A 

CFW502GEN-Aicon

<はじめに>
Dark_AleX氏のCFW5.00M33をベースに、FW5.02に対応させて、機能を追加したCFWです。

<更新内容>
FW5.02をベースにM33シリーズの基本機能搭載
XMBからリカバリーメニューを表示できるRECOVERY MENUを追加
GameCategories Plugin機能を搭載
Slim Colors Patchで、旧型でも薄型と同じ背景色を適用可能
リカバリーメニューに公式FW5.02を起動するモードを追加(PSP-2000のみ)
リカバリーメニューに再起動と電源OFFを追加
リカバリーメニューにJigkick Battery作成を追加
リカバリーメニューでSELECTボタンを押すことで、リカバリーメニューを終了することが可能
POPS Loader for 5.00に対応
FW5.02のPOPSが機能する
Full版とLite版の2種類あり、ISO,POPS機能除外のLite版とISO,POPS機能を搭載したFull版の2つのバージョンから選択してインストールが可能
※Lite版を使用すると、およそ70KBのflash0スペースを多く確保できます。

<準備物>
・CFW 3.52 M33-3以降のバージョンを導入済みのPSP-1000 / PSP-2000
CFW 5.02 GEN-A
・FW5.02のアップデータ → PSP Hacksで探してください
<導入方法>
CFW 5.02 GEN-Aをダウンロードして解凍する
解凍すると以下のファイルが作成されます。
 CF 5.02GEN-A/
  ├UPDATE/
  └readme-502GEN-A.txt
②解凍してでてきた[CF 5.02GEN-A]フォルダの中にある[UPDATE]フォルダをメモリースティックのms0:/PSP/GAMEにコピーします
  ms0:/
   └PSP/
    └GAME/
     └UPDATE/
③FW5.02のアップデータを、EBOOT.PBPから502.PBPにリネームして、手順②でコピーした[UPDATE]フォルダにコピーします
  ms0:/
   └PSP/
    └GAME/
     └UPDATE/
      ├502.PBP
      └EBOOT.PBP
<起動方法>
XMBからGAME→メモリースティック→PSP アップデート ver 5.02を起動します
※以下の手順でPSPのFlashを書き換えるので、作業の途中で電源を切ったりMSを抜いたりしないでください。バッテリーは78%以上で充電器をつなげたままの状態にしてください。
CFW5.02GEN-A_インストール画面
⑤PSP アップデート ver 5.02
画面①:以下のようなメニューが表示されます
Lite版は×ボタン、Full版は○ボタンのどちらかをインストールするか選択します。
Press X to install the homeburew-only version.
Press O to install the full version.
Press R to exit this updater.
と表示されますので、通常は○ボタンで進んでください。
※×ボタンですと自作ソフトのみ起動可能になります。
画面②:インストールの注意事項が表示されますので×ボタンを押します。
We have noticed that ...
Press x to continue , or R to exit.
と表示されますので、通常は×ボタンで進んでください。
画面③:公式と同様のアップデート画面が表示されますのでメッセージの指示に従ってアップデートします。
画面④:アップデートが終了すると○ボタンで再起動するように表示されるので○ボタンを押します。
※自動で電源が落ちるので、手動で電源を落とさないでください。
XMBから本体設定→本体情報を開きます
システムソフトウェアが[5.02GEN-A(Full)]になっていればCFW5.02GEN-A(Full)の導入は完了です。
PSP本体情報5.02GEN-A

<新機能解説>
■VSHmenu
・Game Categories Plugin
XMB→ゲーム→メモリースティックに表示される、自作アプリ・ISOファイル等を任意のカテゴリー別に表示される機能です。
リカバリーモードから有効にすることで使用できます。
※別途「Game Categories Plugin」の設定をしなければいけません。

・RECOVERY MENU
VSH MENUからリカバリーモードを呼び出す機能です。

■リカバリーモード
・Reboot in to official firmware(PSP-2000のみ)
一時的に公式FW5.02を起動できます。
再起動することでCFW 5.02 GENの状態に戻ります。

・Suspend device
PSP本体の電源をシャットダウンします。

・Reset device
PSP本体を再起動します。

・Hide MAC address in System Information
PSP本体(XMB→設定→本体設定→本体情報)で、バージョン確認する画面で、[MAC Address]の部分を[Hidden]の表示に変更できます。

・Convert battery to an auto-boot battery
バッテリーをPSPに装着するだけで自動で起動するバッテリーを作成できます。

・Convert battery to a Pandora battery
Pandora Batteryを作成します。

・Convert battery to a normal battery
Pandora Batteryを通常バッテリーに戻します。
↓ブログランキング 両方クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[ 2009/08/12 22:20 ] CFW | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pspkai2.blog47.fc2.com/tb.php/53-9cd2a28b









FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。