スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ブログランキング 両方クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

パンドラバッテリーでCFW導入 

必要なもの
①PSP-1000 or PSP-2000(CFW対策前基盤)でFW5.05以上の物
FW5.03以下はHENを使ったCFW導入へ【未作成】
※PSP-2000の対策基盤でFW5.05以上だと現状ではCFW導入は出来ません
基盤判別方法はこちら

②MMS
PCだけで出来る簡単MMS作成方法

③ジグキックバッテリー
ジグキックバッテリーについて

※PSP-2000対策後の基盤(TA88v3)とPSP-3000を使ってる人は、パンドラバッテリが使えないのでこのページは飛ばしてください。

CFW導入方法
①ACアダプターを抜いた状態のPSPに作成したMMSを差込みます。

②TimeMachineや他のバージョンのDCを導入済みでホットキーを設定している方は設定しているキーを押しながら、何も設定していない方はLボタンを押しながら、ジグキックバッテリーを装着してください。

③PSPにメニューが表示されます
※メニューの詳しい解説はDespertar del Cementerio v8を参照してください


④ACアダプターをPSPに接続します。ジグキックバッテリが外れても大丈夫なように電源を確保します。

⑤まずは念のためにNANDのバックアップを取りましょう

⑥NAND Operations→Dump NANDと実行します。NANDはms0:/nand-dump.binとして保存されます

⑦メニューから
【Install 5.00 M33】を実行します。
画面に表示される指示にしたがって実行してください。
以下:手順例
1、インストールが終了すると以下のように表示されるので○ボタンを押します。
Install is complete.
A shutdown or a reboot riquired.
× Reboot ○ Shutdown

2、PSPの電源が切れるので、ジグキックバッテリーと通常のバッテリーを入れ替えてPSPの電源を入れます。

3、言語設定が英語になっていて、壁紙も白くて見にくいのでSettingsの項目にあるSystem Settings→Restore Default Settingsを×ボタンで選択してPSPを初期化しましょう。
※○ボタンと×ボタンが逆になっているの注意してください。

4、以下のように表示されるので「Yes」を ×ボタン で選択します。
Do you want to restore the default
settings?
Yes No
× Enter ○ Back

5、以下のように表示されるので「Yes」を ×ボタン で選択します。
All settings will be returned to default
settings.
Are you sure you want to continue?
Yes No
× Enter ○ Back

6、以下のように表示されるので「Yes」を ×ボタン で選択してPSPを再起動します。
Restore completed.
Press the × botton to restart.
× Enter

7、初期設定画面が表示されるので、指示に従って設定します。
終了後、XMB→設定→本体設定→本体情報でCFWM33-4になっていれば成功です。


↓ブログランキング 両方クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[ 2009/07/19 04:41 ] CFW | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pspkai2.blog47.fc2.com/tb.php/23-a6a0e6c6









FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。