スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ブログランキング 両方クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Game Categories v10[アプリ等をカテゴリー別表示] 

<機能>
GameCategories v10はXMBの[ゲーム]→[メモリースティック]以下に表示されるアプリ等を、[フォト]や[ミュージック]と同じようにサブフォルダでの分類分けを可能にするプラグインです。
大容量のメモリースティックに大量の自作アプリやゲーム等を管理している方におすすめのプラグインです。
※v8から[CAT_XXX]のXXX部分が日本語表示に対応しましたが、アプリなどが起動出来ないので、フォルダ名には半角英数字を使用してください。

<更新内容>
v10
・【ネットワークアップデート】にGame Categoriesのアップデートオプションを追加
・Content Browserで[Uncategorized]を非表示にできるように修正
・Content Browserが他のプラグインの影響で正常に機能しない問題を修正
・Content Browserを表示させる前に、[ミュージック]を選択すると[フォト]がロードされてしまう不具合を修正
・【本体設定】に[Uncategorized]の表示/非表示オプションを追加
・CFW GENで内蔵されているGame Categoriesを自動的に無効にする
・pluginのサイズを削減
・translate fileに新しい項目を追加

<準備物>
・CFW導入済みPSP
Bubbletune's Release Site
<導入方法>
Bubbletune's Release SiteからGame Categories v10をダウンロードして解凍します。

②解凍したフォルダにある、[game_categories.prx]ms0:/seplugins/にコピーします。

ms0:/seplugins/フォルダにある[vsh.txt]に下記の1行を追加します。
ms0:/seplugins/game_categories.prx 1

※プラグインの設定についての詳しい解説は、プラグイン導入解説を参照してください

④PSPを再起動してプラグインを有効にします。

<使用方法>
⑤カテゴリー別のフォルダを作成
ms0:/ISO/ms0:/PSP/GAME/のフォルダの中に分類させたいカテゴリーごとにフォルダを作成します。フォルダ名は[CAT_XXX]とつけます。[XXX]はカテゴリー名で最大18文字まで設定できますが、アプリ(iso, cso, pbp)までのフルパスが長すぎる場合は文字数制限に引っかかって破損ファイルと表示される場合がありますので、その場合は途中のフォルダのフォルダ名を短く省略してください。
※Game Categories v8からカテゴリ名に日本語を使用可能になりました

⑥作成したフォルダの中にアプリ等を配置
配置場所が異なっても[CAT_XXX]のフォルダ名が同じ場合は(例:ms0:/ISO/CAT_GAME/ms0:/PSP/GAME/CAT_GAME/)、すべて同じカテゴリーとしていっしょに表示されます。またCAT_XXXに入れていないアプリはすべて[Uncategorised]に分類されます。

各モードの説明と切替について
※Multi-MS Mode
Multi-MS ModeモードでXMBからゲームメニューをアクセスすると複数のメモステがあるかのようにカテゴリーフォルダーを表示されます。CAT_XXXフォルダーに入れていないアプリ等はUncategorisedに表示されます。
Game Categories v9 1

※Context Menu Mode
Context MenuモードではXMB→ゲーム→メモリースティックまでは通常通りに表示されますが、中身を参照すると以下の画像のように表示されます。
Game Categories v9 2

※Content Browser Mode
Multiple MS MODEと同様の表示方法ですが、フォトの画像の様に、各フォルダ内の先頭の自作アプリ等のICON0.PNGというアイコン画像を表示させます。
またICON0.PNGが設定されていないアプリは、自作の画像に置き換える事が可能です。下記に詳しい解説があります。
このモードではGamebootが再生されないので起動時間を短縮する事ができます。
Game Categories v9 3

※Modeの切り替え方法
Game Category Pluginの表示方法ですがMulti-MS Mode/Content Browser Mode/Context Menu Modeの切り替えが、XMB→本体設定→Game Categories Modeから以下のスクリーンショットのように設定できます。
Game Categories v9 4

※Context Browser Modeでのデフォルトアイコンの変更方法
Context Browser Modeで、ICON0.PNGが指定されていない自作アプリ等では、アイコンは表示されませんが、[ms0:/seplugins/]に、144x80のPNG形式の画像を、gc_default.pngにリネームして配置することにより、デフォルトアイコンとして表示させることが可能です。

※[Uncategorized]の表示/非表示の変更方法
[Uncategorized]の表示/非表示の変更をXMB→本体設定→Show Uncategorizedで変更することが出来ます。
Game Categories v10 2


※翻訳機能について
Game Categories v9 5

translate fileを読み込むことにより、[Game Categories Mode]、[Uncategorized]等のGame CategoriesプラグインによりXMBに表示されている文字列を任意の文字列に変更して上の画像のように表示させることが可能です。
1.手順①で解凍されたフォルダ内にある[game_categories_en.txt]ms0:/seplugins/にコピーします。

2.[game_categories_en.txt]を[game_categories_ja.txt]にリネームする
※ファイル名のjaは、PSPに設定してある[表示言語]が日本語の場合にtranslate fileを適用されるということです。その他の言語についてはreadmeを参照してください。

3.ms0:/seplugins/にコピーした[game_categories_ja.txt]をテキストエディタで開きます。以下のように文字列が書かれているので表示したい文字に書き換えてください。
Game Categories Mode
Uncategorized
Multiple MS
Content Browser
Context Menu
There are no games.
The game will be deleted.\Are you sure you want to continue?
The folder and all games in the folder will be deleted.\Are you sure you want to continue?
Games
Game
Start
Show Uncategorized
Update Firmware
Update Game Cat.

書き換えが終了したら保存をします。日本語を使用する場合は文字コードを[UTF-8]に指定してください。
UTF-8で保存した場合に、[_Game Categories Mode]というように先頭に[_]が入ってしまう場合があります。その場合には「Terapad」等のテキストエディタで[UTF-8N]を指定して保存するか、その他のテキストエディタなどで[UTF-8N]がない場合には、[BOM(Unicodeサイン)を付ける]等の設定が出来る場合には、[BOMをつけないように]設定にして、保存してください。

※その他
・アップデータ等一部のアプリはパス固定のため[CAT_XXX]フォルダからは起動できないものもありますので、注意してください。
・すべてのアプリを[CAT_XXX]以下に配置して[Uncategorized]カテゴリを表示させたくない場合はms0:/seplugins/[gc_hide_uncategorized.txt]というファイルを作成してください。
↓ブログランキング 両方クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[ 2009/11/20 16:01 ] プラグイン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pspkai2.blog47.fc2.com/tb.php/159-c29d42bd









FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。