スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ブログランキング 両方クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

PCだけで出来る簡単MMS作成方法 

MMS(マジックメモリースティック)の作成方法

難しい操作無しで「Universal Unbricker v8」用のMMSが作れます。
一つ作って置くといざと言う時重宝しますので、是非。
なお作成したMMSはジグキックバッテリーと一緒に使わなければ、普通のメモステと同じように使えます。

ジグキックバッテリーがあっても、このMMSがなければCFWを導入することが出来ません。
※PSP-2000対策後の基盤(TA88v3)とPSP-3000を使ってる人は、ジグキックバッテリが使えないので、MMSが必要ありません、このページは飛ばしてください。

PSPからPCへのUSB接続

【準備するもの】
①Rain's UltraLite MMS Maker for 5.00 M33-4 v1.2 → Download 
②FW 5.00のEBOOT.PBP 持ってない人はぐぐってください。
③MMS化するメモリースティック(メモリースティック PRO Duo256MB~4GB)
④PCとPSPを接続するUSB接続ケーブル




MMS作成手順

①Rain’s UltraLite MMS Maker for 5.00 M33-4 v1.2をダウンロードして解凍します。

②FW 5.00のアップデータ をダウンロードして 解凍します。

③解凍してできた FW 5.00のアップデータ(EBOOT.PBP)を 500.PBPという名前に変えます。
※拡張子に注意

EBOOT.PBPのファイル名を500.PBPに変更

④名前を変えた500.PBPを手順1で解凍してできたRainsUltraLiteMMS500v12 フォルダに入れます。

Rain's UltraLite MMS Makerのフォルダ画面

⑤これで Rain's UltraLite MMS Maker 準備 は完了です。

⑥PSPで メモリースティック をフォーマットします。
XMB→本体設定→メモリースティックのフォーマット

メモリースティック(MS)のフォーマット

*メモリースティック内のデータを全消去します。
バックアップを取っておくことをオススメします。

⑦RainsUltraLiteMMS を起動します。

Rain's UltraLite MMS Makerのフォルダ画面

⑧メモリースティックを入れたPSPとパソコンをUSB接続します。
PSPからPCへのUSB接続

他の USBメモリ などの機器はパソコンから取り外しておいてください。

⑨Drive Letter にメモリースティックが接続されているドライブ名が表示されます。
PSP_MMS-1

※ドライブ名が複数表示されている場合はマイコンピューターのリムーバブルディスクの表示を確認してメモリースティックが接続されているドライブ名を選択してください。

⑩「Make MMS」を選択して マジックメモリースティック の作成を開始します。
PSP_MMS-2

⑪終了すると「Make MMS is Finished」と表示されます。
MMSの作り方

⑫これで Rain's UltraLite MMS Maker を使ってマジックメモリースティック作成 は完了です。

このMMSで可能なこと
CFW 5.00 M33-4 の導入
NAND の バックアップ と リストア
公式 FW 5.00 のインストール
CFW 5.00 M33-4 を メモリースティック から起動
IDStorage の 作成/修復

詳しくはパンドラバッテリを使ったCFW導入の方に書きます。

↓ブログランキング 両方クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[ 2009/07/16 00:33 ] MMS | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pspkai2.blog47.fc2.com/tb.php/15-e5e4a24a









FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。