スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ブログランキング 両方クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Games Decrypter V3[CFW5.00M33以降に対応] 

Games Decrypter31
<機能>

Games Decrypter v3がリリースされました。今回の更新によりCFW 5.00M33/5.03GENに対応しました。

<更新内容>
5.00M33/5.03GEN用のパッチを当てる操作が追加

<必要物>
・CFW 5.00M33以降を導入済みのPSP
Games Decrypter v3
UMDGen v4.00
・FW5.55/6.00で対策されたISO ※各自UMDから吸い出して用意してください
<導入方法>
Games Decrypter v3をダウンロードして解凍されたフォルダにある、GameZDecryptZフォルダをms0:/PSP/GAME/にコピーします。

UMDGen v4.00をダウンロードして解凍されたフォルダにある、UMDGen.exeを起動します。

③UMDGen.exeを起動したら、[Open]をクリックして、起動可能にしたいISOを開きます

④UMDGen v4.00の左上にあるFileボタンをクリックして、File List→Exportの順でクリックします。
ファイル名を適当に決めて、デスクトップにでも保存します。
※EBOOT.BINの差し替え前にしてください
Games Decrypter12

⑤PSP_GAME/SYSDIR/にあるEBOOT.BINを右クリックし、出てきた一覧からExtract Selectedを選択し、デスクトップにでもEBOOT.BINを保存します。
※この画面はこのままにして以下の手順に進んでください。
Games Decrypter11

⑥デスクトップに保存したEBOOT.BINをms0:/(メモステのルート)にコピーします。

⑦XMBからGame Decrypter v3を起動します。

⑧起動後にCFWに合わせたパッチを選択します。パッチ適用後に自動でXMBに戻ります。
 ×ボタン ⇒ 5.50GEN-B
 ○ボタン ⇒ 5.00M33/5.03GEN
ms0:/DECRYPTOR/にパッチを適用したEBOOT.BINが保存されます。
Games Decrypter32

⑨PSPとPCをUSBケーブルで接続して、ms0:/DECRYPTOR/にあるEBOOT.BINを、UMDGen v4.00で開いているPSP_GAME/SYSDIR/の中にコピーします。警告が出ますが、YESを選択してください。

⑩UMDGen v4.00の左上にあるFileボタンをクリックして、File List→Importの順でクリックします。
手順④で保存したテキストファイルを選択して開きます。警告が出ますが、YESを選択してください。

⑪UMDGen v4.00の左上にあるFileボタンをクリックして、Save as→Uncompressed (*iso)を選択して、ファイル名を入力してデスクトップにでもISOを保存します。
デスクトップに保存したISOをms0:/ISO/にコピーします。

⑫XMBからms0:/ISO/にコピーしたISOを開きます。ゲームが起動すれば成功です。
↓ブログランキング 両方クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[ 2009/10/08 18:39 ] 自作アプリ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pspkai2.blog47.fc2.com/tb.php/125-f3a89aea









FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。