スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ブログランキング 両方クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

AutoMute v2.0[ヘッドホンが抜けると音声をミュート] 

<機能>
ヘッドホンの接続を監視し、プラグが抜けた際に自動的にサウンドをミュートにします。
PSP本体のミュート機能と連動します。従って、ミュート中はXMBやHOMEボタンダイアログなどに、PSPのミュートアイコンが表示されます。

<バグ情報>
・popsloaderを使って過去のバージョンのPOPSを動作させている状態ではミュート機能が働かない。
・過去のバージョンの設定ファイルを流用すると一部の設定しか読み込まれません。新しい設定ファイルを使用するようにしてください。

<準備物>
・CFW導入済みPSP
AutoMute v2.0
<導入方法>
AutoMute v2.0をダウンロードして解凍する
解凍すると以下のファイルが作成されます。
 automute200/
  ├src/
  ├automute.ini
  ├automute.prx
  ├changes.txt
  ├manual_ini.txt
  └readme.txt
②解凍して作成されたフォルダの中にある[automute.prx][automute.ini]をメモリースティックのms0:/sepluginsにコピーします
※sepluginsフォルダがない場合は、ms0:/に作成してください
  ms0:/
   └seplugins/
    ├automute.prx
    └automute.ini
③プラグインの設定
[seplugins]フォルダにある[game.txt / pops.txt / vsh.txt]に下記の1行を追加します。(使用したいもののみでも可)
[game.txt / pops.txt / vsh.txt]がない場合は作成してください

ms0:/seplugins/automute.prx 1

※5.00M33-1以前のCFWの場合は、末尾の半角スペースと1は不要です
※プラグインの設定についての詳しい解説は、プラグイン導入解説を参照してください

<適用方法>
・CFW5.00M33-2以上の場合は、再起動をしてください。これで使用可能になります 
・CFW Enablerの場合は、適当にアプリを起動して、終了後から使用可能になります
・CFW5.00M33-1以前の場合は、リカバリーモードから設定してください
 ①PSPの電源を完全に切り、Rボタンを押しながら電源を入れ、リカバリーモードに入ります
 ②リカバリーメニューからPluginsを×ボタンで選択
 ③プラグイン一覧が表示されますので、表示されている中からautomute.prx [GAME / POPS / VSH]を×ボタンで、Enabled(有効)にして下さい。(Enabledの場合は、そのままで)
 ④Back→Exitをそれぞれ×ボタンで選択し、通常起動すれば作業終了です

<使用方法>
[L + R + ♪]ボタンを押すことで有効/無効を切り替えられます。
※有効/無効の切り替えボタンは設定ファイルにより変更できます。
切り替えると画面左下に表示されます。
有効にした場合は、AutoMute (バージョン) enabled.
無効にした場合は、AutoMute (バージョン) disabled.

設定の変更方法はautomute.iniを編集することで設定を変更できます。詳しくは付属のmanual_ini.txtを参照してください。

↓ブログランキング 両方クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[ 2009/09/26 18:17 ] プラグイン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pspkai2.blog47.fc2.com/tb.php/106-7e4c4e89









FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。