スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ブログランキング 両方クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Ultimate VSH Menu Revised[VSH Menuの拡張] 

<概要>
Ultimate VSH MenuはVSH Menuを拡張することが出来るプラグインで、CFW 5.xx(5.00M33/5.02GEN/5.03GEN/5.50GEN)と、ChickHENとCFWEnablerに対応しています。

<機能>
オリジナルのVSH Menuの機能
XMBで[R + L + □]ボタンを押してSELECTボタンを押した際の機能を切り替え可能
In-XMB Recovery MenuからExitでXMBに戻る際に、[R]ボタンを押しながらExitを選択すると、PSPを再起動してからXMBに戻る
PSP-1000でPSP-2000以降と同様のXMB背景カラーを指定できるようにするSlim Colors Patch機能(PSP-1000のみ)
USB経由での充電機能の有効/無効(PSP-2000のみ)
本体情報でMACアドレスを隠す機能
UMDのアップデータアイコンを非表示にする機能
スクリーンショットを撮影可能
SELECTボタンで起動するメニューを変更可能(VSH Menu / In-XMB Recovery Menu / Disabled)
XMBの背景カラーをランダムに変更させるRandom color機能
VSH Menuからバッテリーの変換が可能(Jigkick / Normal / Autoboot)※対応基盤のみ
PSPの電源をオフにする機能
PSPをスリープモードに移行する機能
PSPを再起動させる機能
リカバリーモードを表示させる機能(一部機能に制限あり)
指定した自作アプリ等をVSH Menuから素早く起動可能(ms0:/PSP/GAME/VSHMENU/EBOOT.PBP)
VSH MENUの色を変えることが可能(付属のTXTファイルを編集)

<準備物>
・CFW導入済みPSP
Ultimate VSH Menu Revised
<導入方法>
Ultimate VSH Menu Revisedをダウンロードして解凍する
解凍すると以下のファイルが作成されます。
 27709_UltimateVSHMenuRevised/
  ├recovery/
  |└vshrecovery.prx
  ├UVSHR_readme_fr.txt
  ├UVSHR_readme_us.txt
  ├vshmenu.prx
  └vshmenucolor.txt
②解凍して作成されたフォルダの中にある[vshmenu.prx][vshmenucolor.txt]をメモリースティックのms0:/sepluginsにコピーします
※sepluginsフォルダがない場合は、ms0:/に作成してください
※ChickHEN & CFWEnablerで使用の場合は[recovery]フォルダも一緒に入れて下さい
  ms0:/
   └seplugins/
    ├recovery/
    |└vshrecovery.prx
    ├vshmenu.prx
    └vshmenucolor.txt
③プラグインの設定
[seplugins]フォルダにある[vsh.txt]に下記の1行を追加します。
[vsh.txt]がない場合は作成してください

ms0:/seplugins/vshmenu.prx 1

※5.00M33-1以前のCFWの場合は、末尾の半角スペースと1は不要です
※プラグインの設定についての詳しい解説は、プラグイン導入解説を参照してください

<適用方法>
・CFW5.00M33-2以上の場合は、再起動をしてください。これで使用可能になります 
・CFW Enablerの場合は、適当にアプリを起動して、終了後から使用可能になります
・CFW5.00M33-1以前の場合は、リカバリーモードから設定してください
 ①PSPの電源を完全に切り、Rボタンを押しながら電源を入れ、リカバリーモードに入ります
 ②リカバリーメニューからPluginsを×ボタンで選択
 ③プラグイン一覧が表示されますので、表示されている中からvshmenu.prx [VSH]を×ボタンで、Enabled(有効)にして下さい。(Enabledの場合は、そのままで)
 ④Back→Exitをそれぞれ×ボタンで選択し、通常起動すれば作業終了です

<使用方法>
Ultimate VSHMenu Revised

①XMBでSELECTボタンを押してUltimate VSH Menuを起動
・SELECTボタンを押して表示されるメニューを、[R + L + □]ボタンを押すことで変更可能(VSH Menu / Recovery Menu / Disabled)※XMB画面左下に変更したモードが表示されます
・[R + ♪]ボタンを押すとスクリーンショットを撮影します(VSH Menuでボタンの変更可能)。

操作方法:↑↓でメニュー選択、←→で変更、×ボタンで決定

CPU CLOCK XMB:XMBでのCPUクロックを変更(デフォルトは222MHz)
CPU CLOCK GAME:GAMEでのCPUクロックを変更(デフォルトは222MHz)
USB DEVICE:USB接続時に(メモリースティック、flash0~3、UMD)にアクセス
UMD ISO MODE:UMD ISO モードの変更(Normal, OE ISOFs, M33 Driver, Sony NP9660)
SLIM COLORS:13-27.BMPをflash0:/vsh/resource/に配置で、PSP-1000でも背景カラーを選択可能にする(PSP-1000のみ)
USB CHARGE:Enabledに設定でUSB接続時に常に充電(PSP-2000のみ)
HIDE UMD UPDATE:UMDアップデートを非表示
HIDE MAC ADDRESS:Mac Addressを非表示
SCREENSHOT:スクリーンショットのキーの変更(Disabled / ♪ / ♪+R / ♪+L / R+SCREEN / L+SCREEN / ♪+SCREEN)
SELECT BUTTON:SELECTボタンを押したときに表示されるメニュー(VSH Menu / Recovery Menu / Disabled)
RANDAM COLOR:背景のカラーがランダムで変更
CONVERT BATTERY:バッテリー変換機能(Jigkick / Normal / Autoboot)※対応基盤のみ
ISO VIDEO MOUNT:UMD VIDEOのISOをPCにマウント
SHUTDOWN DEVICE:電源オフ
SUSPEND DEVICE:スリープモード
REBOOT DEVICE:再起動
RECOVERY MENU:VSH MENUから直接リカバリーメニューを起動
LOAD EBOOT:ms0:/PSP/GAME/VSHMENU/EBOOT.PBPを起動
EXIT:終了

VSH MENUの色を変更
付属のvshmenucolor.txtを編集することで色の変更が可能です。

TITLE_FG_COLOR = 0x00FFFFFF ※タイトルの文字色
TITLE_BG_COLOR = 0x8000FF00 ※タイトルの背景色
FG_COLOR = 0x00FFFFFF ※タイトル以外の文字色
BG_COLOR = 0xC00000FF ※タイトル以外の背景色
CURSOR_COLOR = 0x00FF8080 ※↑↓で選択した背景色
MESSAGE_FG_COLOR = 0x0000FF00 ※画面左下に出る文字色
MESSAGE_BG_COLOR = 0xFFFFFFFF #nothing ※画面左下に出る文字の背景色


上記の[0x]以降太字の部分を変更することにより、カラーを変更します。色はα値(透明度)とRGBで指定します。
例:00AABBCC
1.00がα値(透明度)
2.AAがR値
3.BBがG値
4.CCがB値

RGBについてはこちらのサイトを参考にしてください。(上記の例でAABBCCの部分を以下サイトで取得できます)
カラーチャート
↓ブログランキング 両方クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[ 2009/09/25 18:08 ] プラグイン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pspkai2.blog47.fc2.com/tb.php/105-03d52992









FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。