スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ブログランキング 両方クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

eboot_exchange v2.6[Ys7のバグに対応した正式版] 

eboot_exchange v2.6がリリースされました。

v2.5βからの変更点
・Ys7のフリーズバグに対応
v2.4からの変更点
・アンデットナイツのパッチに対応

eboot_exchange v2.6のダウンロードはこちら


導入・使用方法は、eboot_exchange v2.5βを参照してください。
スポンサーサイト

↓ブログランキング 両方クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[ 2009/10/22 01:24 ] 自作アプリ | TB(0) | CM(0)

eboot_exchange v2.5β[アンデットナイツに対応] 

<機能>
FW5.55/6.00の対策されたISOをPSPだけで起動可能にする、eboot_exchange v2.5βがリリースされました。今回のバージョンアップでは、アンデットナイツの起動が可能になりました。

<更新内容>
v2.4からの変更点
Games Decrypter V4では起動していたアンデットナイツを、eboot_exchangeでも起動可能にした

<必要物>
・CFW 5.00M33以降を導入済みのPSP-1000/2000
・PSP-3000でCFW Enabler v3.60/5.03 GEN-A for ChickHENを導入済みのPSP
eboot_exchange v2.5β
※EBOOT.PBPのみなので、pspdecrypt.prxをv2.4から流用して使ってください。
eboot_exchange v2.4
・FW5.55/6.00で対策されたISO ※各自UMDから吸い出して用意してください

<関連記事>
eboot_exchange v2.4[バグ修正・CSO形式に対応]
↓ブログランキング 両方クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[ 2009/10/20 00:20 ] 自作アプリ | TB(0) | CM(0)

eboot_exchange v2.4[バグ修正・CSO形式に対応] 

<機能>
FW5.55/6.00の対策されたISOをPSPだけで起動可能にする、eboot_exchange v2.4がリリースされました。今回のバージョンアップで、CSO形式に対応しました。

<更新内容>
v2.3からの変更点
・ISOファイルに対して操作を行うとISOファイルが破損してしまうのを修正

v2.2からの変更点
・メモリ不足の対策として、EBOOT.BINの最大サイズを10MB->8MBに変更
・CSOファイルに対応

※注意:各種エラー対策は未完成です
可能性としては低いですが、復号後のサイズや圧縮後のサイズが元ファイルより大きくなった場合は通常の処理が行えません(エラー処理や回避処理は未実装です)
また、ファイルサイズを保存している部分も変更しているのですが、変更による再圧縮にて保存部分のサイズが大きくなった場合、ファイルサイズは変わらないままとなってしまい、エラーになる可能性もあります(対策もあるのですが処理が煩雑となるため、今回は対処していません)
修復時にも圧縮率の違いで同一のバイナリにならない可能性があります

<必要物>
・CFW 5.00M33以降を導入済みのPSP-1000/2000
・PSP-3000でCFW Enabler v3.60/5.03 GEN-A for ChickHENを導入済みのPSP
eboot_exchange v2.4
・FW5.55/6.00で対策されたISO ※各自UMDから吸い出して用意してください

<関連記事>
eboot_exchange v2.2
↓ブログランキング 両方クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[ 2009/10/18 02:58 ] 自作アプリ | TB(0) | CM(0)

eboot_exchange v2.3[バグがあるので注意してください] 

eboot_exchange v2.3がリリースされましたが、バグがあるので、v2.2を使用してくださいとのことです。以下は、製作者様サイトから抜粋

ソース元 きまぐれblog:eboot_exchange v2.3

ISOファイルへの書込にバグがありましたので、2.3は利用しないでください

現在原因追及中です

CSOファイルの直接書換えに対応しました

v2.2からの変更点
・メモリ不足の対策として、EBOOT.BINの最大サイズを10MB->8MBに変更
・CSOファイルに対応
※注意:各種エラー対策は未完成です
可能性としては低いですが、復号後のサイズや圧縮後のサイズが元ファイルより大きくなった場合は
通常の処理が行えません(エラー処理や回避処理は未実装です)

また、ファイルサイズを保存している部分も変更しているのですが、
変更による再圧縮にて保存部分のサイズが大きくなった場合、ファイルサイズは
変わらないままとなってしまい、エラーになる可能性もあります
(対策もあるのですが処理が煩雑となるため、今回は対処していません)

修復時にも圧縮率の違いで同一のバイナリにならない可能性があります

今後はエラー処理の追加や、内部処理の整理を行う予定です
あくまでも予定ですが、UMD吸取り、同時にCSO変換/EBOOT.BIN復号、汎用patch機能についても検討中です

↓ブログランキング 両方クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[ 2009/10/18 00:07 ] 自作アプリ | TB(0) | CM(0)

Games Decrypter V4[PSP-3000のISO起動を向上] 

Games Decrypter41
<機能>
FW5.55/6.00の対策されたISOを起動可能なISOに改変することができます。
CFW 5.00M33以降のPSPでの動作が確認されています。

<更新内容>
PSP-3000でのイース7の対応

<注意事項>
当ブログでは、UMDGenの代わりにeboot_exchange v1.21を使って導入します。
Games Decrypter V4を使うためeboot_exchangeの最新版を使うことが出来ません。
UMDGenを使いたい方は、こちらの記事を参照してください。

<必要物>
・CFW 5.00M33以降を導入済みのPSP
Games Decrypter V4
Games Decrypter V4(別サイト)
eboot_exchange v1.21
・FW5.55/6.00で対策されたISO ※各自UMDから吸い出して用意してください
↓ブログランキング 両方クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[ 2009/10/09 02:23 ] 自作アプリ | TB(0) | CM(1)







FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。