スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ブログランキング 両方クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

メモリースティックのバックアップについて 

メモリースティックのバックアップについて
準備するもの
①PCとのUSB接続用ケーブル

PCとPSPをUSBケーブルで繋いで、PSPのXMB(メニュー)の一番左「設定」から「USB接続」を選びます。
すると、PCの画面に新しいUSB機器が見つかったメッセージが表示されて、マイコンピュータにドライブが追加され、これがPSPのメモリースティックになります。
(使ってるPCの環境によってドライブ名は異なります)
追加されたドライブを開くと下記記載のメモリースティックのフォルダ構成にある、ms0:/ (MS_ROOT)のフォルダが見えると思いますので、全てのデータのバックアップがしたいなら全てのフォルダを選択して、PCのフォルダにコピーを、任意のフォルダだけならそのフォルダだけをPCに移せばバックアップ終了です。
バックアップを元に戻すときはPCに保存してあるバックアップデータをそのままコピーすれば完了です。
このバックアップは別のメモリースティックにも移せるので、メモリースティックの買い替えなどでも使えます。

スポンサーサイト

↓ブログランキング 両方クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[ 2009/07/14 21:23 ] PSP周辺機器 | TB(0) | CM(0)

メモリースティックのフォルダ構成について 

PSPでMSのフォーマットを行うと以下のようなフォルダが生成されます。
右クリック>新規作成>フォルダから同名のフォルダを作成しても良いです。

メモリースティックのフォルダ構成
CFW導入済みPSPで実行した場合は、赤字のフォルダが余分に生成されます。

※お使いのPSPの環境により以下に記載されているフォルダが無い場合があります。

ms0:
この画面はメモリースティックの直下、つまり、メモリースティックを PC にマウントしたときに一番初めに表示される最上階層のフォルダのことです。
(ms0:/)とか「ROOT」と呼ばれています。

PSPのMSのルート
PSP
PSPを使う時に主に使うフォルダが入っているフォルダです。
PSPのMS0_PSPフォルダ

↓ブログランキング 両方クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[ 2009/07/14 21:22 ] PSP周辺機器 | TB(0) | CM(1)

メモリースティック(MS)について 

メモリースティック(MS)について
PSP-1000~3000にはデータを保存するハードディスクなどの記憶装置はありません。PSP本体に挿入するメモリースティックに記録する仕組みになっています。
PSPで使用されるメモリースティックはメモリースティック Duo(Memory Stick Duo)と、メモリースティック PRO Duo(Memory Stick PRO Duo)に分かれており、前者は容量が256MB以下のもの、後者はそれより多いのものと定義されています。
これらは、PSPでセーブデータや音楽、動画、ゲームなどのデータを保存するために欠かせない存在です。
メモステやMSと略されることが多いです。

当サイトで紹介している、コピーゲームを起動させる場合などは、UMDの最大容量が1.8GBなので、最低でも2GBは必要ですので、なるべく大容量のものが必要となります。

フォーマットについて

フォーマットとは、記録メディアを利用できるように初期化することを指します。

PSP上でメモリースティックのフォーマットを実行すると、MS 内のデータは初期化、すなわち全て削除されます。 そして、PSP に必要なフォルダ構成が再構築されます。

書き込みと削除を繰り返し行なうとデータの断片化が起こります。これが進むと、MS の読み書き速度の低下につながります。これを回避するために定期的に 全内容バックアップ → フォーマット → リストアの作業を行い、断片化の解消をすると良いかと思います。

↓ブログランキング 両方クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[ 2009/07/14 03:14 ] PSP周辺機器 | TB(0) | CM(1)







FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。