スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ブログランキング 両方クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

プラグイン導入解説 

<はじめに>
プラグイン(Plugin)とは、特定のソフトに組み込んで新しい機能を追加するためのプログラムのことです。
通常のPSPではプラグインを導入することはできませんが、CFWが導入されたPSPでは数多くリリースされているプラグインを使用することにより、さまざまな機能を追加することが可能となります。
プラグインを導入することで、ゲーム中やXMB上でスクリーンショットを撮る、チートを使用する、XMBを改変するなどのことができるようになります。

<準備する物>
・CFWの導入されたPSP
・導入したいプラグイン
※プラグインの拡張子は[.prx]です

<備考>
プラグインの種類によっては下記以外の手順も必要とするプラグインがあります。
下記の手順に加えてファイルやフォルダを追加する場合と、中にはFlash領域を編集するものもありますので、Readme.txt等を参考にして導入してください。
<プラグイン導入方法>
①ms0:/に[seplugins]フォルダを作成します
※[seplugins]フォルダがある場合は飛ばしてください
  ms0:/
   └seplugins/

手順①で作成した[seplugins]フォルダ内で右クリック→新規作成→テキスト ドキュメントで、[game.txt / pops.txt / vsh.txt]の3個のテキストファイルを作成します
ms0:/
 └seplugins/
   ├game.txt
   ├pops.txt
   └vsh.txt
※テキストファイルのファイル名は、動作するモードごとに、3種類に分かれています。
GAMEモードgame.txtPSPゲーム or 自作アプリ動作時
POPSモードpops.txtPOPS(PS1ゲーム)動作時
VSHモードvsh.txtXMBメニュー上

③導入したいプラグインをダウンロードして、解凍します
作成されたフォルダにあるxxx.prx(プラグイン本体)を、[seplugins]フォルダにコピーします。
※プラグインによってはプラグイン本体以外にフォルダやテキストファイルなどをコピーする物もあります。
  ms0:/
   └seplugins/
     └xxx.prx

④プラグインの配置は完了したので、次は各モードごとに個別に設定をしていきます
プラグインの種類によって、使用出来るモードと使用出来ないモードがあるので、プラグインのreadme.txt等を読んで、各モードごとに個別に設定をしていきます。

⑤使用する各モードでプラグインを使えるように手順②で作成した、[game.txt / pops.txt / vsh.txt]にプラグインのフルパス(例:ms0:/seplugins/xxx.prx)を記述します
例:PspPowerSaver.prxというプラグインをGAMEモードで使用したいという場合は、game.txtを開いて、以下のように記述します。
ms0:/seplugins/PspPowerSaver.prx

・使用するプラグインが1個だけの場合はフルパスを記述するときに、改行はせずに最後の文字で止めるようにします。複数のプラグインの場合は、プラグインごとに改行して最終行を最後の文字で止めるようにします。
・プラグインを複数個同時に使用することも出来ますが、プラグインによっては相性があり不具合が出る場合や、PSPの空メモリに左右されますのであまり多く導入すると動作に支障をきたす可能性があるので注意してください。

※複数のプラグインを導入する際の各txtファイルへのプラグインのパスの記述は下の画像のようにします。
プラグインの設定

⑥プラグインを有効にする設定
・テキストファイルに直接記述して無効 or 有効にする
CFW5.00M33-2以前はプラグインを有効にするために、各txtファイルにプラグインのパスを記入後、リカバリーモードからプラグインを有効にする作業が必要でしたが、CFW5.00M33-2以降では、プラグインのパスの後に[0 or 1]を記述することにより、無効と有効を切り替えることが出来るようになりました。
[0は無効 / 1は有効]になります。
※テキストファイルに記述した有効/無効は、PSPを再起動する or アプリを起動後に終了してXMBに戻るなどで有効になります。
記述例:[ms0:/seplugins/xxx.prx 1]のように.prxの後に半角スペースを入力して0か1を記述します。

・リカバリーモードから有効 or 無効にする
×ボタンが実行、○ボタンがキャンセルになります
1.電源を切った状態で、Rボタンを押しながら電源を入れるとRecovery Menuが起動します。
2.Pluginsを選択して×ボタンを押すと、各txtファイルに記述したプラグインの一覧が表示されます
PSP_M33_Recovery1
3.有効 or 無効にさせたいプラグイン名を選択して×ボタンを押します。
※有効にしたいプラグインはEnabled、無効にしたいプラグインはDisabled
PSP_M33_Recovery3
4.設定を完了したら、Backを選択して、×ボタンを押します。
5.Exitを選択して×ボタンでリカバリーモードを終了します。
6.XMBに戻ったら、各txtファイルで有効 or 無効を確認してください。

↓ブログランキング 両方クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
[ 2009/08/09 20:00 ] プラグイン | TB(0) | CM(3)

すいません

あのー全部説明どうりにやったんですけど、プラグインをON OFF するところ開いても Backしかでないんです>< 起動しないときの対処法もみてほかのサイトもいっていろいろためしたんですが、やっぱりできませんどうしたらいいですかTT
[ 2009/12/28 19:23 ] [ 編集 ]

解決しました^^w

解決しました~w なんか自分でテキストを作成してもできなかったのでプラグインをダウンロードしてその中にはいっていたテキストでやりましたw うまくいきました^^ww
[ 2009/12/29 21:53 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2010/02/05 01:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pspkai2.blog47.fc2.com/tb.php/50-ca394617









FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。